スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーライオンの逆襲

世の観光地に「世界三大がっかり」というものがあるそうで。
たいそう有名ゆえに期待したわりには、がっかりであったと・・・。
その3つとは、コペンハーゲンの人魚姫の像、ブリュッセルの小便小僧。
そしてシンガポールマーライオン

インド・バンガロールからの帰路、シンガポールに早朝6時着。
乗り継ぎの大阪行きは日付の変わった翌1時過ぎ。
幸か不幸か、この接続の悪さにより、19時間シンガポール滞在が実現した。

乗り継ぎ時間を過ごすのに快適で知られるシンガポール・チャンギ空港である。ゆっくりと寝不足の疲れを癒せる施設も整っている。
が、19時間あればやはり街を彷徨いたいと、旅人の血が騒ぐ。
当然のごとく街へでた。
マーライオンを見にいった。
そして、予定通りがっかりした。

マーライオン01
RICOH GR Degital iii

海っぺりにマーライオン公園というところがあって、そこにマーライオンはいた。
海に向かって意味なく水を放出していた。
もう少し小さければどこにでもありそうな噴水のオブジェである。
あまりにしょぼい・・・

マーライオン02
RICOH GR Degital iii

しかし。そこは世界に名だたる観光立国シンガポール
この「三大がっかり」を甘んじて受けつづけることは、そのプライドが許さないらしい。
ウルトラマンも人と同じサイズであれば単なる着ぐるみ宇宙人でしかないが、巨大モードになれば怪獣をも倒す僕らのヒーローとなる。
そうだ、大きいことはいいことなのだ。
大きくなればヒーローになれるのだ!
てなわけで。それ!変~身!

マーライオン03
ROCOH GR Degital iii

出た!巨大マーライオンなのだ!
さすがシンガポールなのだ!作ってしまったのだ!
ミニラがいじめられれば親のゴジラがおこるのだ!
ピグモンがガラモンに踏みつけられて死んでしまったのは悲しい事なのだ。
しかし、これでもう「世界三大がっかり」とは言わせないのだ。
その荒唐無稽ぶりは、むしろ「世界三大びっくり」と呼ぶべきだ!

マーライオン04
RICOH GR Degital iii

子マーライオンが水をはけば、親マーライオンは火を噴くってのはどうだ?
ゴジラのようにモノレールを足で踏んづけ破壊してしまうってのはどうだ!
これでいいのだ。
マーライオンバンザイ!
シンガポールバンザイ!







スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 海外旅行 シンガポール マーライオン GXR GRD

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おー、、、このマーライオンの存在は知りませんでした。
これで目にLEDでも埋め込んで夜になると無意味に光る、とかあればネタ的に最高ですが。

それにしても、高層ビル群の雑多な風景は興味をそそりますね。
ここに限らずアジアの都市の風景は東京のようにお上品な感じはしないものの、逆に今の日本が持ち合わせない勢いを感じさせてくれます。
プロフィール

Da JunYan

Author:Da JunYan
酒&旨いもんとユーミンをこよなく愛す53才関西人。中小企業のオヤジ。最近写真にやや凝り。作品はこちら↓
http://500px.com/ToshihikoTatsu

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。