スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲山と武庫川ー私の原風景

甲山(Wikipediaより抜粋)
甲山(かぶとやま)は、兵庫県西宮市西北部に位置する、古い火山の痕跡である山。
甲山は西宮市南部の至る所から確認することができ、地名としてもこの甲山が元となった甲東園・甲風園・甲陽園等がある

sunset over the river 01
GXR with A12 50mm

(続き)
明治当初には、神戸に来航した欧米人より「ビスマルク山」という俗名がつけられた。19世紀頃のドイツ帝国の首相であったオットー・フォン・ビスマルクがかぶっていた三角形の帽子に姿が似ていたからだといわれている。
甲山周辺は阪神近郊から手軽なレジャー地区として六甲山系の一部に組み込まれる形で発展してきており、また頂上にはオリエンテーリングのコントロールがある。また、弘法大師創建の鷲林寺も甲山近辺にあり、信仰の上でも重要な対象となっている。
また、甲山の東南東に位置する関西学院大学にある時計台は甲山を借景として構成されている(設計はウィリアム・メレル・ヴォーリズによる)。

sunset over the river o2
GRD3

武庫川(Wikipediaより抜粋)
武庫川(むこがわ)は、兵庫県南東部を流れる河川。二級水系の本流である。兵庫県篠山市真南条地区付近に源を発して南流。三田盆地を潤したのち再び山峡に入り、武庫川渓谷を形成する。宝塚市街西方で大阪平野の北西端へ出て南流、下流域では尼崎市と西宮市の境界を成しつつ大阪湾に注ぐ。
源流部では武庫川は小川だが、谷筋の田圃の間を流れながら周辺の山から流れ出る水を集めて次第に大きくなり、三田盆地に入る。広やかな三田盆地の田圃の間をゆっくり流れる間にも、支流からの水を集め川幅を広げる。三田市内の武庫川沿いの田圃では毎春レンゲの花が見られる。三田周辺の武庫川東岸側は人口の少ない地域で、上流側の支流には青野ダム、下流側の支流には千刈ダムの2箇所の上水道用貯水ダムがある。西側は最近特に住宅地として開発されてきた地帯で、武庫川にもかなりの下水が流れ込む。

Sunset train 2
GRD3

(続き)
渓谷を抜けると、宝塚で大阪平野に出る。この大阪平野への注ぎ口は扇状地のようになっている。宝塚の市街地付近では宝塚観光ダムにより深度が確保され、かつてはボート遊びを楽しむ人々の姿が見られた。有名な宝塚大劇場は川沿いから見ることができ、観光ダムの中央には宝塚観光噴水(ビッグ・フェニックス)が設置されるなど、いかにも行楽地といった趣である。また夏には河川敷で宝塚観光花火大会が開催され、多くの人が訪れる。ここから河口までは河川敷の大部分が整備されており、休日には球技やジョギングなどを楽しむ人の姿が見られる。
尼崎市と西宮市の間を流れる下流部では、両岸は松並木の茂る高い堤防となり、川底が周辺の地面より高い天井川である。第一阪神国道武庫大橋の西宮側ではかつて関西を代表する高級ホテルだった旧甲子園ホテルがその優美な姿を見せている。

Sunset train 1
GRD3



スポンサーサイト
プロフィール

Da JunYan

Author:Da JunYan
酒&旨いもんとユーミンをこよなく愛す53才関西人。中小企業のオヤジ。最近写真にやや凝り。作品はこちら↓
http://500px.com/ToshihikoTatsu

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。